FC2ブログ
2011/09/07

下町酒場(酒_2)

酒場2

今では立ち飲み屋自体すっかりポピュラーになりましたが、自分がサラリーマンデザイナー(自分ではデザリーマンと呼んでいました。)時代の90年代初頭は都内ではほぼ絶滅状態で、勤務していた上野界隈でも数店はあったのですが、飲んでいる人種は“ヤバそう”(笑)と思われているといった感じでした。(自分は新入社員時代からスタンドバー行っていましたが。)

イラストレーターとなってフリーランスになるとずっと家で作業をしている訳で、なんとなく一日の区切り的なものを求めて、その当時住んでいた椎名町ではやきとんの「かど」(当時は公園の一角でとてもいい風情でした。)や千駄木に住んでいた時は谷中の「喜月」などほぼ毎日通いつつ、たまに遠征して立石や千住、十条、山谷などの酒場巡りをしていました。

丁度その頃出版された「下町酒場巡礼」(今文庫版が出ています。)は自分が知っている店もいくつか載っていて、共感すると共に知らない店も色々あって、実際に訪れてみたりしたものでした。本自体、ガイドとかでは無く(細かいデーター等出ていません。)著者が訪れた“その場の空気”を文章化しているもので、読んでいても楽しい書物でした。現在となっては、掲載されているお店は残念ながらかなり閉店してしまっています。(近所の増美屋もずっと暖簾を下ろしたままです。)逆にその後のネットの普及によって、その当時秘境的存在の店がすっかりメジャーになったりしているところもあります。

それで最近の自分はと言いますと、以前程は遠征?はしなくなりました。それでもいくつかのお気に入りの店をフラッと訪れたりはしています。写真の店もその内の一件です。それにしても出かける目的が酒場自体だったりするので、スタンドバー閉店後アメ横界隈から足が遠のいている感じです。多慶屋にはしょっちゅう行きますけど、昭和通りをなかなか越えられません。(笑)

酒場1