FC2ブログ
2019/09/22

令和元年大相撲九月場所千秋楽

本日、大相撲九月場所千秋楽となりました。
今場所当初は、横綱大関陣では高安のみ休場でした。(場所前の稽古総見には出ていたのですが。)
ところが白鵬のあっけない2日目からの休場、並びに連続優勝を狙う鶴竜の中日からの休場と、なんだか物足りない感じは否めませんでした。
(実際に取り組みの時間も余っていて、もう結び?という感じでした。弓取りはゆっくり見れたのですが。)

一方、注目されたのは新大関に昇進後2場所連続休場で、関脇に陥落した貴景勝の10番勝っての大関復帰なのですが、こちらは心配された怪我の状態も良い感じで、身体も動いていて見事12日目に達成!
しかも本日、千秋楽で隠岐の海、御嶽海と並び同じ3敗どうしでの優勝争い。
隠岐の海との直接対決は本当に楽しみです!かたや御嶽海のほうは、取り組みがその後なので優勝するには絶対に遠藤戦に勝たなければならず、こちらも闘志むき出しの相撲に期待したいです。昨日の豪栄道戦の注文相撲はいかがなものかという感じもありますが、ある意味常人には真似出来ない図太さが、上を目指す力士という見方も出来ると思います。

どちらにしても、3者優勝の行方は分かりません。これについては、最近は無かったことなので楽しみです!

十両の方は、昨日の時点で勢が優勝を決め、こちらも本当に頑張りました。元三役が怪我の影響で負けが込んでどんどん番付を下げて(それでも休場せず。)関取を維持するためには崖っぷちからの大奮闘!ご結婚も控えているとのことで、本当にめでたい優勝となりました。

幕下では千代の国の優勝と、こちらも元大関照ノ富士に勝っての優勝で、なんだか取り組みを見ていて幕内終盤戦の迫力がありました。本当に2人ともまた幕内で頑張ってもらいたいです。

ここでいつも当たらない三賞予想。貴景勝、御嶽海、隠岐の海はもちろん候補なのですが、両横綱が不在なだけに殊勲がピンと来ないので、どう振り分ければいいのか悩みます。

敢闘賞ー剣翔、隠岐の海
技能賞ー貴景勝、御嶽海(今日勝てば)
殊勲賞ー該当無し

優勝は3人の内誰になるのか全く分かりませんが、個人的には3力士ともファンなので、いずれにしても国技館へパレードを観に行きたいと思っています!
八角部屋、出羽海部屋は近所なので、その時は側でちょっと雰囲気を感じさせていただこうかなと思います。

今場所中、元関脇・逆鉾の井筒親方がお亡くなりになりました。ニュースを見た時本当に目を疑いました…。今でもなんだか嘘みたいに思います。心よりご冥福をお祈り申し上げます。