FC2ブログ
2020/03/22

令和2年大相撲三月場所千秋楽

本日東京は朝から晴天。桜も咲き出して春を感じる時期となりました。
しかしながら、街の中には今まであまり感じた事の無い、全体的に沈んだ空気感が漂っています。
新型コロナウイルスによる、数々のイベントの自粛や中止…。
大相撲三月場所も異例の無観客での開催となり、本日千秋楽となりました。

観客がいない中での場所。当初はやはりなんだか異様な感じがしていたのですが
静寂な中での進行は、普段あまり意識していなかった事も色々と見えて来たという意見もあります。(力士のぶつかる音や息遣い、行事や呼び出しなどの所作、振る舞いなど。)

これは今場所限りながらいいのですが、やはり大相撲は沢山のファンが会場を埋め尽くす中で
千秋楽の結びに向けて、力士同士が熱線を繰り広げていくのが醍醐味だと思います。
まだこの先見えませんが、きっとまたいつもの場所が戻ってくることを願っています。

ちょっと暗い感じになってしましましたが、場所自体は中々面白い展開となりました。
今場所の目玉は、やはり大関昇進をかける朝乃山!本日の千秋楽までに10勝4敗と、
目安と言われる12勝には届きませんが、相撲自体は十分大関級の印象を受けました。
昨日の横綱鶴竜との一戦も行司軍配差し違えでの負けとなりました。
本日千秋楽では、現在唯一の大関貴景勝との取組とのことで内容次第ではまだ分かりません。

優勝については、久しぶりに横綱同士の結びの一番で決まるという、まさに王道の展開となりました。(優勝インタビューや表彰式はどうなるのだろう?)

とその前に、とっても楽しみなのが三段目優勝決定戦で、宇良と南海力の同部屋対決。
宇良がかって、日馬富士から金星をあげてインタビューで涙したことはとても印象深いです。
度重なる怪我にも負けずに、少しづつ上がっている姿。是非今日も勝って、またいずれ幕内で活躍してほしいです。
炎鵬との対戦、是非実現して欲しいです!

ここでいつも当たらない三賞予想。

敢闘賞ー琴ノ若(今日勝てば)碧山、隆の勝
技能賞ー朝乃山
殊勲賞ー阿武咲(今日勝てば)

今場所後は巡業も無いようで、残念ではありますが、昨今過密スケジュール気味だった力士たちにこの機会にじっくり休養もとってもらえればと思います。