FC2ブログ
2019/05/26

令和元年大相撲五月場所千秋楽 優勝 朝乃山

元号が変わっての五月所本日千秋楽。東京は朝から夏を思わせる暑さです。
千秋楽を待たずに平幕(前頭八枚目)の朝乃山が昨日優勝を決めるという異例の場所となっています。

今場所の朝乃山、自身の相撲を取りきっての初賜杯。お見事です!昨日はご両親も応援に来ている中で優勝を決めました!
思わず夕方散歩がてら高砂部屋へ行くと、すでに報道陣が詰めかけていました。
朝乃山の優勝は11日目で単独首位になった時点で、もしかするとなんて思っていましたがそれが現実となりました。

今場所当初は、新大関貴景勝の活躍と大関から陥落した栃ノ心が10勝しての復帰出来るか、さらに新入幕の炎鵬(見た感じもかわいいい)がいかに幕内で相撲を取るかなどに注目していました。

ところが残念な事に貴景勝は途中休場、そして大関としては異例の休場から復帰しての土俵となるものの再休場。(若いですし焦らずにじっくり治してほしいです。)
一方、栃ノ心、炎鵬も中盤までは好調だったのですが、あと1番になかなか手が届かず(栃ノ心13日目の対朝乃山戦は今だに物議を醸しています。)
結果、炎鵬は本日の千秋楽まで勝ち越し大手からの5連敗で7-7の状態。栃ノ心は昨日、横綱鶴竜に思い切った変化で悲願の10勝目を挙げ、それによって、栃ノ心の大関復帰と千秋楽を待たずに朝乃山の初優勝が決まるという状況。見ていて「えっ、マジ!?!?!?」という感じでした。

ここでいつも当たらない三賞予想。朝乃山はダントツだけど、他にもなんだか色々好調力士がいて難しい。(色んな力士にあげたいけど3つなので。北の富士賞はありますが!)

敢闘賞ー朝乃山、志摩ノ海(今日勝てば)
技能賞ー玉鷲(今日勝てば)
殊勲賞ー朝乃山

その他、十両、幕下優勝を貴源治、貴ノ富士が双子で決めたり、表彰式で米国の大統領がなんだか賞を渡すだの、取り組み以外にも「どうなるんだろー!?」感が漂っています。

取り込み自体としては松鳳山ー炎鵬(見た目ギャップ)阿炎ー玉鷲(立会いをどう行くのか?)なんていうのも気になっています。

場所終了後夕方に、パレード見学に高砂部屋への行こうと思っています。
高砂親方も朝青龍引退後にこんなに早く優勝力士が部屋から出るなんて思っていなかっただろうなぁ〜。朝乃山関優勝おめでとうございます!!!

DSC02843.jpg
2019/05/05

GW_自転車&バイク整備

GW前納期が集中していたイラストの仕事が一先ず落ち着き、
以前から計画していた自転車整備&バイク掃除。

自転車の方は完全バラバラ状態で継続中。
一旦気分を変えて、ホンダCD125Kをさっき掃除しました。
天気もよかったので、ブラっとに両国界隈で撮影してきました。

自転車のネタは改めて書きたいと思います。

cd125peugeot_metro.jpg