FC2ブログ
2019/01/27

平成31年大相撲一月場所千秋楽

平成最後の東京両国国技館での本場所、本日千秋楽となりました。
東京はずっと晴天続きなのですが、空気がカラカラでインフルエンザも流行っています。
今場所、色んな事がありました。(12日に土俵祭りに行った事が遥か昔に感じられます。)

初日はお正月の雰囲気も残す中、久しぶりに三横綱揃ってのスタートとなりました。
ただ、稀勢の里の状態は当初から不安視されていて、かなり厳しい状況と見られていたのですが、結果それが現実となりました…。鶴竜も2日目からの連敗そして休場。残る白鵬はというと、土俵際ぎりぎりでの勝利がありつつも中盤までは白星を積み重ね独走状態でした。

三大関が振るわない中、貴景勝、玉鷲、御嶽海の関脇、小結の活躍が土俵を盛り上げて、序盤は御嶽海が優勢かと思われていたのですがまさかの途中休場。と思いきや、4日休んで再出場で独走状態の白鵬との取組み、そして御嶽海が勝利。ここから一気に流れが変わった感じです。白鵬は続いて、玉鷲、貴景勝に黒星を喫し14日目にして休場と、とうとう千秋楽を前に横綱がいなくなってしまいました。

そして、本日千秋楽の優勝争いは、先場所優勝の貴景勝と玉鷲の2人にしぼられました。先に取組みがある玉鷲が遠藤に勝った時点で優勝が決定します。玉鷲はこれまで個人的には「絶対三賞上げていいだろ!」と思う様な場所でも逃したり、実力があるにも関わらず、なんとなく運が無い気もしたのですが、今場所は一気に平幕から関脇へ番付を上げ、今場所での初優勝なるか!という状況です。もしそれが現実となったら優勝インタビューも楽しみです。嬉し過ぎてなんて言っているか分からないくらいの笑顔をみたいです。(笑)(ちなみに玉鷲関が所属する片男波部屋はご近所です。)もちろん貴景勝も色々あった中、一貫した押し相撲の将来的にもとても有望な力士で、大関も目と鼻の先でしょう。いずれにしてもまだどちらが優勝するか分かりませんし、賜杯の行方がとても楽しみです!

ここでいつも当たらない三賞予想。
玉鷲、貴景勝、御嶽海が該当すると思いますがどう振り分けるのか?。なんだかんだで御嶽海がキーマンになっています。

敢闘賞ー玉鷲
技能賞ー貴景勝
殊勲賞ー御嶽海

もう少しあげてもいいのか?

今場所は番付を見て、幕下での豊昇龍ー宇良戦が実現する事をとても楽しみにしていました…。
伸び盛りの豊昇龍と怪我からの再起の宇良。どちらも応援したい力士です。
宇良がまたしても膝負傷した事はとても残念ですが、勝った豊昇龍が「(宇良が)ケガをしたから謝りたい」という記事を見て「ぐっ」と来るものがありました。

そして、ベテラン豪風関の引退。こちらの会見は、やりつくした、悔いの無い清々しさを感じるものがありました。

本日の千秋楽、貴景勝、玉鷲、はたして賜杯はどちらの手に!どちらが優勝するにしても、パレードのルートは初なので交通整理も大変だと思います。何も知らない人が京葉道路とかで、オープンカーに乗った着物姿で髷を結った大男2人を見たらビックリするかも!?自分も見に行きます!