FC2ブログ
2018/07/22

平成30年大相撲名古屋場所千秋楽、関脇 御嶽海優勝!

今年の夏は早くもうだる様な暑さで、名古屋場所も連日の猛暑となった模様です。
今場所も初日から横綱 稀勢の里が休場する中、2横綱の白鵬、鶴竜が相次いで途中休場し、さらに話題の新大関 栃ノ心までもが7日目に休場と、中日を待たずに看板力士がことごとくいなくなり結果、横綱土俵入りも行われず、名古屋の大相撲ファンは物足りなさを感じざるを得ない状況だったと思います。

しかしながらそんな中で、存分に力を発揮したのが関脇 御嶽海でした。落着いた堂々とした取り口で連勝し(高安戦での敗退も取り直しでもよかったのでは?)見ていて何だか中盤以降早くも「もう優勝は御嶽海かな。」的印象でした。花道で塵手水を切っている動作が見えたのですが、すでに横綱土俵入りのイメージか!?と思える程でした。実際に千秋楽を待たずに14日目で初優勝を決定し、優勝力士インタビューでのまさかの涙‥。「部屋の皆への感謝の気持ち。」感動しました。今日の一番!こちらも好調の豊山との対戦が楽しみです。

一方、十両では若手の隆の勝と大ベテラン安美錦が活躍し、それぞれの来場所の新入幕と幕の内復帰が期待できます!

ここで、三賞予想。(なかなか当たりません。)今場所、御嶽海はもちろん、前に出るまっすぐな相撲で星を積み重ねて来た朝乃山。(佇まいがカワイクて、チェコの熊のぬいぐるみみたい。個人的感想。)そして、これまでなかなか実力を出し切れていなかった豊山が今場所迫力の相撲を見せてくれました。そしてその豊山のライバルでもある北勝富士も力強さを見せた印象です。

敢闘賞ー朝乃山
技能賞ー御嶽海
殊勲賞ー豊山(今日勝てば)ちょっと条件が厳しすぎるかな。

平成の夏場所は本日で終了となりますが、季節としての夏はこれからが本番。
夏巡業スケジュールを見てみるとびっしりです。力士の皆さん、なかなか体調管理が難しいと思いますが、相撲ファンとしては次の9月場所では横綱、大関陣の顔ぶれを揃って見れたらと思っています。

そして‥9月30日に待ちに待った「日馬富士引退断髪披露大相撲」へ!