FC2ブログ
2015/01/25

平成二十七年一月場所、本日千秋楽(「白鵬」33回目の優勝「川成」「竜電」)

現在、日曜日の午前中で本日千秋楽となります。今場所は当初の予想通り15日間連続「満員御礼」という大盛況な場所となりました。数年前の空席が目立つ本場所中の国技館、それに反してレポーター、カメラでごった返す各相撲部屋周辺。連日のワイドショーでも相撲を叩いた特集ばかり…。なんだか「相撲が好き」ということが「変わってる」とさえ思われる状況を味わった自分としては、この人気復活は夢の様にさえ感じられます。(本当にあの時は、悲しかったです。悪い事ばかりは続きませんね!)これは色んな要因があるのでしょうが、兎に角この人気は当分続くものだと確信出来る状況だと思います。(あまり書くと長くなりすぎるのでこの辺にしておきます。)

今場所の内容に関しましては、横綱「白鵬」の独壇場で13日目に優勝を決めるという(他の番付の力士も優勝がすべて決定。)通常の千秋楽の盛上りとドキドキは無い感じです。前半は「日馬富士」が好調に見えて、久しぶりの優勝もあるかと思ったり、「稀勢の里」の初優勝もあるかと期待もしたのですが…。白鵬は次元が違う感じです。前人未踏の優勝33回。凄過ぎてなんと言ったらいいのか“ウルトラスーパーデラックス横綱”!?(スイマセン…。)本当におめでとうございます。

この様に、白鵬の独り舞台という感じで、三賞も今ひとつ思い浮かばない感じです。前半は「安美錦」をはじめとする伊勢ヶ濱勢に期待したのですが…。「今日勝てば」の条件付きで敢闘賞「玉鷲」殊勲賞「宝富士」技能賞該当者無し。という感じでしょうか?

今場所、個人的に嬉しいのは、「川成」の幕下東筆頭での勝越しと、「竜電」三段目の優勝です。「川成」は勝ち越せば来場所、新十両昇進確実だったので当初から注目していました。本当にチャーミングで関取昇進後は“キャラ的”人気力士間違い無しでしょう。顔も体型も動きもかわいい。「竜電」はそれこそ、何年も前から逸材として注目されていましたが、十両を経験しながらも、怪我、休場で序の口まで番付を落として、番付発表されるごとに「竜電」の字がどんどん小さくなっていって、とても気になっていました。それが、昨年からの相撲人気復活と連動する様に、序の口、序二段、三段目と連続優勝!とすばらしい活躍振りです!なんと言っても好男子、男前!見た目も話し方も惚れ惚れします!来場所の幕下、そして十両から幕の内へと「絶対的な人気力士」になるでしょう。(“相撲女子”「竜電」に大注目ですよ!目が♡になるでしょう。)楽しみです。

今日これから千秋楽でのドキドキは薄いのですが、ある意味リラックスしてゆっくり観戦したいと思います。

最後に「豊真将関」本当にお疲れさまでした。インタビューを見ていてもらい泣きしました。また、泣けて来た。
2015/01/11

「相撲ファン」創刊

※相撲愛を深めるstyle & lifeブック『相撲ファン』が創刊されました!
私もイラストを担当させていただきました!是非、ご覧下さい。中根_相撲ファン1

Illustration/Kenichi Nakane
中根_相撲ファン2

Illustration/Kenichi Nakane