FC2ブログ
2018/12/06

マルセル・デュシャンと日本美術展

デュシャン
昨日、上野の東京国立博物館で開催中のマルセル・デュシャン展に行って来ました。午前中は曇りがちな天気だったのですが、昼頃からは日が差し、12月とは思えない暖かさなの中、自転車でふらっと出かけました。デュシャンは学生の頃から大ファンで、その作品群がフィラデルフィア美術館から一挙にやって来るということでワクワクして出かけました。久しぶりの東京国立博物館。ちょうど紅葉の季節で大銀杏が見事でした。平成館の中に入り、ロッカーに荷物を預けてエレベーターで会場へ。中に入ると「レディメイド」の代表作と言える自転車の車輪がお出迎え。ふと周りを見ると写真を撮っている人が。「えっ、撮影OKなの?」と思い、学芸員に尋ねると「撮影NG」以外はOKとの事で、速攻ロッカーへカメラを取りに戻りました。そもそも「レディメイド」を提唱しているデュシャンなので、全然アリなのかも知れませんが、それ以外のキュビスム時代の油彩「階段を降りる裸体No.2」「花嫁」や「チョコレート磨砕器」(昔購入した作品集では粉砕器だったのですが。)等の絵画。そして「大ガラス」に「泉」に「トランクの中の箱」等の代表作…ほぼ何でもOK!で夢中で撮りました。(マン・レイがらみはNGっぽいです。)会場は程良い人の入りで、どの作品も目の前で見れました。(10月に行った藤田嗣治展はめちゃくちゃ混んでましたが。こっちも作品は最高でした。)そしてどの作品も、自分の心に響きました。「レディメイド」の作品の受け止め方自体は現代全く違うかもしれませんが、当時の事を想像しつつ、便器を見たり瓶乾燥機を見たり自転車の車輪を見たり「何かすげぇ〜」(子供っぽい。)と思ったり、小さな旅行カバンに収められるミニチュア作品集を見て、「かわいい」と思ったり、構想のメモやスケッチ、芸術を放棄してチェスに打ち込む日々、そして遺作への展開など、内容盛りだくさんで楽しめました。没年が1968年という事で生きているうちに同じ時代の空気が吸えたというのも何だか嬉しい気がしました。すっかり堪能してロッカーに戻ると何やら埴輪とか土器が見えてふらっと中へ入ると「考古展示室」が。全然予定にありませんでしたが、もの凄く見応えがありました。ありすぎてありがたみが薄れるくらい凄かったです。埴輪に感動しまくりでした。マルセル・デュシャン展今週日曜日(9日)まで。迷っている方は是非行ってみてください!
2017/02/12

力士 土人形

散歩がてら墨田区文花の「香梅園」へ。ここの梅園は見事で、毎年この季節を楽しみにしています。近づくと、爽やかで甘〜い梅の香り。少し時期は早いかなと思いましたが、それでもかなり見応えがありました。ここには色んな種類の梅があるのでそれぞれの開花時期で楽しめます。

途中に寄った十間橋通りの骨董店で「力士の土人形」を発見。その素朴さと愛らしさに見せられ即購入。店主からいただいた栞には心温まる文章が。すっかりお気に入りで思わず落書き。

しっかし歩いたな〜。


力士_土人形
llustration/Kenichi Nakane
2011/10/22

キャピトル東急_ビートルズの壁(街ネタ_6.千代田区)

キャピトル

中学校の第一回東京在住同窓会に参加しにキャピトル東急に行ってきました。世代を超えて総勢400名あまりの歴代の卒業生が集ってえらい事になっていました。自分も久しぶりに(30年振り)再会する同級生と楽しい一時を過ごす事が出来ました。東京で熊本弁で普通に話せるのがなんだか新鮮でした。皆様お疲れさまでした。

それはさておき、会場脇にビートルズ東京公演のインタビュー時の映像や写真でよく見るあの有名な壁がありました。(ツイッギーの日本での映像の背景もそうなのかな?)1個づつのブロックの大きさなのですが、思ってたよりは小さい感じがしました。

調べてみるとレプリカらしく、出来れば東京ヒルトンホテル時代にのぞいてみたかった感じもします。見学だけで十分満足でしょうけど。(笑)


2011/06/10

銀座熊本館(街ネタ_5.中央区)

銀座熊本館

銀座のど真ん中にある「銀座熊本館」に行って来ました。自分が上京した時にはすでにありましたので、地方のアンテナショップの中でも、結構先駆け的存在だったのではと思います。

それで何しに行ったのかと言えば、第一の目的(大ゲサ)は、“みなとしょうゆ”の「一番しょうゆ(甘露)」という甘くて、濃厚で、しょっぱ過ぎ無いマイルドな味で、熊本ではメジャーだけど東京ではほとんど売られていない醤油を買いに行くためです。「醤油?」と思われるかもしれませんが、全然別物な感じなのです。これでイカ刺しとか食べたら最高です。馬刺にももちろん合います。(ちょっとお高いので、調理に使うのはもったいないのですが。)

そもそも南の方は全体的に調味料自体の味が濃いので、随分前ですが久しぶりに帰省してカツ丼を食べたらすごく「甘辛い」感じがしました。でもそれがなんだか懐かしくておいしくて、子供の頃にカツ丼が好きで、よく食堂で食べていたのを思い出しました。(おかげで、肥満児一歩手前でした…。)やっぱり大人になっても、その頃の味覚は残っていて醤油1本でも「買いにいかなきゃ。」と思ってしまいます。

それと、熊本で最初の洋菓子店「スイス洋菓子店」の定番「リキュール・マロン」も買ってきました。これも、子供の頃からあるお菓子で、ケーキといえばコレでした。なんともレトロな緑色の銀紙に包まれたバターケーキで、以前久しぶりに食べた時に一気にタイムスリップした感じでした。渋皮マロンのバタークリームとリキュールが染み染みの生地、結構ボリュームがある感じなのですが、意外としつこく無くペロッと食べれてしまいます。
*スイス洋菓子店のホームページのHISTORYに掲載してある赤いパッケージがとても可愛いです。

なんだか久しぶりに甘辛~いカツ丼が食べたくなってきました。

*以前、熊本の子供時代の思い出をホームページに書きましたのでよろしければご覧ください。

2011/04/25

荒川ふるさと文化館(街ネタ_4.荒川区)

荒川ふるさと

荒川区の南千住図書館は大分前からちょこちょこ利用しているのですが、1階奥にある荒川ふるさと文化館は存在は知っているものの入った事はありませんでした。

図書館は2.3階で1階は普段用が無く、いつもガードのおじさんが前に立っていて(別に何も悪い事はしていませんが。)なんとな~く入りづらい雰囲気で、しかも有料。まぁ100円ですけど。
そんなこんなで10年くらい経ったのですが、昨日時間もあったので、ついでに寄ってみる事にしました。

とっても良かったです。展示もちゃんとしていました。細かく書くときりがありませんが、小塚原刑場や吉原の遊女が埋葬された浄閑寺などの影的な歴史や、がらっと変わって昭和の町並み再現(結構リアルに出来ていました。)など楽しめました。江戸時代の祭りで千住大橋の南と北で綱引きをしている絵には笑えました。

なんといっても、空いているのが見やすくて良かったです。(やっている方は、良くないんでしょうが。)おすすめです。
2011/04/03

伝法院公開(街ネタ_3.台東区)

伝法院

普段は一般非公開の浅草寺「伝法院」が4/28まで特別公開されています。(am10:00~pm4:00)
見応えある寺宝や当時の一流絵師による大絵馬など、素晴らしい作品を間近に鑑賞出来ます。

また、枝垂れ桜が満開の回遊式庭園もとても立派で、ある意味!?普段の浅草とは別世界の様です。(自分も今まで、こんな場所があるとは知りませんでした。)

なかなか無い機会ですので、浅草に来られる際はお勧めです。

ちなみに入場料の300円はすべて震災の義援金になるそうです。
2011/03/10

東京都慰霊堂(街ネタ_2.墨田区)

3/10は1945年に東京で大空襲があった日で、一夜にして一般市民を中心に10万人近くの方が犠牲となられました。

現在、自分が事務所を構えている下町界隈は特に被害が酷く、当時の写真や資料を見ると想像を絶する惨状にとても胸が痛くなります。

現在、スカイツリーやパンダ等の話題で人気を集めている下町界隈ですが、是非「東京都慰霊堂」にも足を運んでみてください。

日中は中に入れますし、初めて訪れた方は今まで気づかなかった何かを感じ取れると思います。*都営地下鉄大江戸線「両国」からすぐです。
2011/02/09

スカイツリー(街ネタ_1.墨田区)

スカイツリー

街ネタ1回目はかなりベタですが、巷で話題の「東京スカイツリー」です。世間的に色々期待感が大きい様で、建築中にも関わらずたくさんの人が見学に来ています。公式キャラクターは、とっくに決まっていますが、個人的には何かグッズ関連のデザインやイラストをやってみたい感じです。*スカイツリーに限らず、キャラクターデザインのご相談がありましたらプロフィールのアドレスよりお願いいたします。(営業)

建築場所は当事務所からごく近所で、道を歩けば必ず目に入ってくるのですが、慣れとは恐ろしいもので、近くで見ているとなんだかデカイ感じがしなくなってきました。(かえって、遠くへ出かけて目に入るとビックリします。)

建築が決まるつい数年前までは、ほとんど人通りが無いセメント工場と空き地で、銭湯帰りに空き地に住み着いている野良猫達に癒されたものでした。それが数年で“ガラリ”と変わってしまって、なんだか周りの光景と比べると唐突感があるのは拭えない感じです。デザインもな~?と思うところはありますが、街は必ず変わっていきますし、変わるからこそ、人々の思い出に残っていくのかも知れません。

と言いつつも、近所の土地が突然更地になっていたりすると「ここに何があったんだっけ??」と全然思い出せなかったりするのは、どうしてなのでしょうか。自分だけ?