2017/07/23

平成29年大相撲7月場所千秋楽

星取り表

大相撲7月場所本日千秋楽となりました。
(現在、お昼12時少し過ぎ。)

今場所は、稀勢の里、鶴竜、照ノ富士ら上位陣が休場する中、前人未到の通算勝ち星1049勝(現時点)を上げるなど、横綱・白鵬のほぼ独り舞台といった印象でした。
色々と若い時に比べ白い物も目につきますが、兎に角圧倒的に強く、一昔前とは違う円熟味を増した白鵬の考えた相撲が、見ていてまだまだ進化している感じがしました。
まだ、優勝の行方はとりあえず分からないのですが間違いないでしょう。
追う蒼山と嘉風の対戦。それを経ての結びの一番、対日馬富士戦まで楽しみが続く事を期待します。

その前の、高砂部屋新鋭の朝乃山の優勝がかかる一番も楽しみです!
(舛乃山の序二段、優勝決定戦も気になります。)

ここでいつもなかなか当たらない三賞予想。
敢闘賞ー碧山、阿武咲
技能賞ー嘉風
殊勲賞ー該当無し

写真は、10年来場所ごと、毎日書き続けている自作の星取表です。

2017/05/28

平成29年大相撲5月場所千秋楽

大相撲5月場所本日千秋楽となりました。東京は晴れです。

今場所は稀勢の里が横綱として迎える初めての国技館での場所であり、同じ部屋の高安が大関取り挑戦への場所、その他見所盛りだくさんという事もあって、チケット即完売、当日券に徹夜組が出るなど、当初からかなりの盛り上がりを感じられました。(一昔前の状況が嘘の様です。)

その稀勢の里は初日に嘉風に敗れ、その後なんとか健闘したのですが途中休場へと、やはり先場所の怪我の状態は良く無い様で無理せずじっくり治して欲しいです。

一方、高安は13日目の横綱日馬富士戦で勝利し、目安の10賞を越えての11賞と大関昇進はほぼ確定的となりました。
本日千秋楽にもう一番勝って昇進へ花を添えたいところなのですが、相手が照ノ富士…。
照ノ富士は先場所千秋楽にかなりの悔しい思いをしているだけに、この取組みは見逃せません。

結びの一番も既に優勝が決まったとはいえ、白鵬の全勝優勝がかかる日馬富士との一騎打ちの一番。
今場所の白鵬は強かった。勝ちへの執念を感じられました。久しぶりに強い白鵬が帰って来た感じがしました。(ちょっと懐かしい気持ち。)

とその前に、十両優勝のかかる安美錦対錦木戦も見逃せません!

ここでいつもなかなか当たらない三賞予想。
敢闘賞ー阿武咲か貴景勝の勝った方。
技能賞ー宇良(今日勝てば)
殊勲賞ー高安
なんだか敢闘賞をあげたい力士が重なってしまいます。

5月場所も今日で終わり。始まるまでは長いのですが、始まってしまうとアッ!と言う間の15日間です。
本日夕方は、今場所を色々思い出しながら国技館へ久々の白鵬の優勝パレードを観に行こうと思っています。
(そういえば引越した八広の宮城野部屋までオープンカーで行くのかな?)


2017/05/10

相撲ファン vol.05

『相撲ファン vol.05』(大空出版)が発売されました!
今回も「SUMO Commentary」コーナーのイラストを担当させていただきました!

相撲ファンホームページよりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビギナーや“スージョ”はもちろん、好角家やマニアまで、
相撲を愛する全員が楽しめる「相撲ファン」。
“お相撲ムック”の決定版、満を持して第5弾が登場です!!

nakane_sumou5_1.jpg
Illustration/Kenichi Nakane

nakane_sumou5_5.jpg
Illustration/Kenichi Nakane



nakane_sumou5_3.jpg
Illustration/Kenichi Nakane


nakane_sumou5_4.jpg
Illustration/Kenichi Nakane







2017/04/20

御殿場高原あらびきポーク

ふとテレビを見ると、松重豊さん演じるCM「御殿場高原」あらびきポークの文字が。
(孤独のグルメ、ファンです。)
20代前半、某印刷会社の駆け出しのパッケージデザイナーだった頃に、自分が書いた文字。

まだ本当にコンピューターでデザインが出来るのか分からない様な時代、制作は手仕事でした。(カラーイーズでのダミー制作で指先はいつもインクまみれでした。)
この文字も毛筆や割り箸などで試行錯誤した憶えがあります。

当初は一ウインナーの商品名だったのですが、その後ブランドロゴになった様で、それから20年以上も継続されて、まさかこの様に見る事が出来るとは嬉しい様な、照れる様な感じです。

デザインやイラストレーションにおける環境も目覚ましく変化してきましたが、これからも「初心」を忘れずに日々制作して行きたいと思っております。(マジメ)

※写真は当時、デザイナーだった頃のものです。(Macに歴史を感じます。)
※御殿場高原の文字はMac導入前で、この時より5年ほどさかのぼります。


gotenba.jpg

designer.jpg